「月刊 現代農業 11月号」に“イノシシ・シカ肉を高く売る”が掲載されました

2014年10月08日

以前連載していました“シカ肉をおいしく食べる”に引き続き、伝統肉協会代表 石崎が「月刊 現代農業」に、「イノシシ・シカ肉を高く売る」と題した連載を開始しました。連載は、数回を予定しており今回は第一回〈野生鳥獣ビジネスの成立が難しいのはなぜ?〉です。

現在、日本の多くの地域で「獣害」として問題になっているシカやイノシシを、肉として活用して地域ビジネスにしよう!という動きが、各地で見られます。しかし、ビジネスとして成立していないことが多いのも現実です。

本連載では地域の野生鳥獣ビジネスが「なぜ成立しないのか?」「どうすれば成立するのか?」と視点で、包み隠さない提言をしていきます。

ぜひ、ご一読ください。

【参考リンク】
農文協(社団法人 農山漁村文化協会) [ http://www.ruralnet.or.jp/ ]
現代農業2014年11月号 [ http://www.ruralnet.or.jp/gn/201411/201411_f.htm ]