「月刊 現代農業 5月号」に、“シカ肉をおいしく食べる 最終回”が掲載です

2014年04月06日
201405_oishiku

伝統肉協会代表 石崎が月刊 現代農業」にて約1年間にわたってお届けしてきました連載“シカ肉をおいしく食べる”が、ついに、最終回を迎えました。

シカ肉をもらったときに。シカ肉をご家庭で食べたいときに。シカ肉に興味がある方に。
「家庭で」「簡単に」「シカ肉をおいしく食べる」コツをご紹介してきたこの連載。最終回となる今回は、これまでの総括を振り返ります。

まだまだシカの「獣害」の問題は解決しておらず、また“伝統肉”として野生獣肉を食べる文化が日本に「根付いて」いるとは言いがたい状況です。しかし、巷のレストランではシカ肉やイノシシ肉をはじめ、ジビエ料理を提供するお店が増えてきているように思います。現代農業の連載では、「ご家庭で」伝統肉を食べる方法を発信してきました。

伝統肉が、「仕方ないから食べるもの」ではなく、「おいしいから食べたいもの」になるよう、当協会もさまざまな媒体・メディア・方法を通じて努力し続けてまいりたいと思います。

ぜひ、最終回もご覧ください。
また、当協会の他の活動についても、引き続きご支援たまわりますようお願いいたします。

【参考リンク】
農“協(社団法人 農山漁村文化協会) [ http://www.ruralnet.or.jp/ ]
現代農業2014年5月号 [ http://www.ruralnet.or.jp/gn/201405/201405_f.htm ]
【amazonリンク】
現代農業 2014年 05月号 [雑誌]