NPO法人伝統肉協会 第二回ワークショップ – 参加申込みフォーム

2013年09月01日
イベントのカバー写真

2013年9月14日(土)に、NPO法人伝統肉協会主催「第二回ワークショップ〈エゾシカバーガーづくりとエゾシカの解体〉」と題したイベントを実施します。
ご参加いただける方は、概要をご覧の上ページ下部のお申込みフォームより参加のお申込みをお願い致します。

【お申込みが定員に達したため、受付を終了いたしました】

… 【イベント概要】 ………………………………………………
日時:2013年9月14日(土曜日)14:00~17:00(受付13:45~)
場所:高尾の森わくわくビレッジ 2F調理室
   東京都八王子市川町55
   http://www.wakuwaku-village.com/
費用:3,000円(材料費、ドリンク代込、小学生は1,000円)【当日受付にてお支払いください】
定員:30名(小学生以下のお子様の参加は要保護者同伴)
持ち物:エプロン、タオル、マイカップ
 
※ ワークショップ終了後(17:00以降)に、解体したエゾシカ肉を使って懇親会+試食会を行います。お時間があればご参加ください(参加費1,000円)
 
※ 開催場所、高尾の森わくわくビレッジは高尾駅(JR線、京王線)からバスで14分。(20分に1本です。)
http://www.wakuwaku-village.com/access/index.html#section1
調理室での喫煙、飲酒は禁止されています。
……………………………………………………………………………………………


 

━━━━━━━━━━
  ◇ 主旨 ◇
━━━━━━━━━━

今回の伝統肉協会ワークショップは、エゾシカバーガーづくりとエゾシカ枝肉の解体見学です。
みんなで作ったエゾシカ100%のハンバーガーを食べながら、シカが住む森林のことを考えてみましょう。

もしかしたら、日常の食卓にシカ料理が並ぶ、、、なんて想像できますか?
今の日本の森林がどんな状況にあるか、、、ご存知でしょうか?

伝統肉協会は日本の森林で起きている問題を解決するために伝統肉を感謝の気持ちをもって食べることを提案しています。
でも、そのためには実は多くのハードルを乗り越えなければいけません。

問題を知るだけではなく、解決方法も一緒に考えてもらう。そんな時間になればと思っています。